ライブカジノ徹底攻略

オンラインカジノサイトの中でも大人気のライブカジノゲーム。世界中のディーラーとカメラと音声を通してプレイが可能ですので、プレーヤーの本気度もビデオゲームに比べて高くなるといえます。実際のディーラーとの対戦が本気度を高める理由は、ゲーム展開のみではありません。相手を見ながらゲームを進めていけるので、イカサマがあるのではないかといった疑問が湧かない点が、安心感を呼び、心置きなく楽しめるのが人気の秘密の1つであるといえます。

ライブカジノに利用できる攻略法の中には、「マーチンゲール法」のように1つ以上のゲームに利用できるものも存在します。使い回しのきく攻略法をたくさん覚えておくと、一つのゲームに飽きを感じた時に、新しいゲームに進むことにためらいがなくなるかもしません。ライブカジノはスクリーンを通して勝負するとはいえ、生の人間同士の対戦になりますので、一度ゲームが始まるとゲーム展開中においての休憩は存在しません。覚えた攻略法を少しづつ利用していくと覚えやすいです。

ライブバカラ攻略法

カジノのカードゲームの中でも、激しく盛り上がっていくのがバカラといえます。バカラは他のカードゲームと比べてスピード感のあるゲームですが、攻略法もしっかり存在します。他のゲームと同じく「パーレー法」や「マーチンゲール法」も利用可能なゲームですが、バカラには特有の「罫線」を用いた攻略法もあります。罫線とは過去の記録を記入していく戦略です。この罫線には様々な記録方法が存在しますが“記録を残していく”のはどれも同じです。

ほぼ「運」の部分が大きいカジノゲームですが、しっかりと利用することで、勝率を高めていくことが可能なのは本当です。罫線は大きく分けて「大路(ダイロ)」「小路(ショウロ)」「大眼仔(ダイガンチャイ)」「甲由路(カッチャロ)」の4つがあります。この中でも大路は、初めて罫線を利用する人にオススメの方法であるといえます。いずれの方法も勝負開始からの過去の勝敗履歴を表で順番に記入していき、次のゲームの予測に役立てることができます。この中でも勝負開始と同時に利用するのが「大路」となります。他の3つは最初の3、4勝負までは大路を利用していきます。

ライブブラックジャック攻略法

ブラックジャックにおけるライブゲームの利点といえば、先方の手元がこちらから確認できるのに対して、こちらの手元は先方は確認することができません。この利点を生かして利用できるブラックジャックの攻略法といえば、「カウンティング法」ではないでしょうか?この攻略法は、登場したカードを全てメモに記録していき、まだゲームに出てきていないカードケース(シューとゲームでは呼びます)の中のカードを予測してゲームを進めていきます。

ランドカジノではこの攻略法の利用が禁止されています。ですが、せっかくのオンラインカジノでの勝負ですので、ぜひ利用していきましょう。この方法では、参加しているプレーヤー全てのカードを記録していかなくてはなりません。出た数字を全て記録していき、簡易計算で全てのカードを簡単に管理することが可能です。しかし、ブラックジャックには「A」のカードがあり、1とも11ともカウントすることが可能ですので、この辺の見極めが重要になってきます。

ライブルーレット攻略法

ライブルーレットの攻略法なんてあるの?って思われがちなのですが、テーブルを生かしての様々な賭け方や、その他のカードゲーム攻略法もルーレットには利用することが可能です。1番よく利用されている方法といえば「マーチンゲール法」ではないでしょうか?マーチンゲール法は、負けている時に利用していく攻略法で前回の賭け金を倍に倍に増やしていく方法です。例えば1ドルを賭けて勝負を初めて負けた場合には、次回の勝負で2ドルを賭け、また負けるとその次は4ドルを賭けていくといった方法です。

この方法で本当に勝てるのかどうかというと、実はこの攻略法は「 大損」をしない攻略法で、最終的に元を取り戻すというのがゴールです。このマーチンゲール法の逆のパーレー法(勝っている時に倍がけしていく方法)も同じであるといえますが、パーレー法の場合は最終的に勝った時にはそれなりの配当が手に残っていることが多いのが特徴です。この2つの方法を勝敗に合わせて組み合わせてゲームを展開させていくと、大きく負けないといった点より、よく利用されている方法です。

ライブ大小(SICBO)攻略法

ライブカジノの中でも人気上昇中のゲームが、このシックボーになります。サイコロの出目数を当てていく簡単なゲームですが、ベットエリアテーブルもある列記としたカジノゲームです。テーブルを生かして様々な賭け方をしていくところは、ルーレットとよく似ているといえます。よく利用されている攻略法は、やはり「マーチンゲール法+パーレー法」といえます。しかしせっかくベットエリアテーブルが用意されているのですから、利用して配当金額を上げていきましょう。

賭け方は「大か小か」「偶数か奇数か」などの簡単な賭け方もありますが、「ペア」というテーブルを最大限に生かした賭け方も人気があります。これは、「1と1」「3と5」など数字を組み合わせた数字に予測してかけていく方法です。例えば「3と6」に賭けたい場合には、テーブル状の3と6の間にチップを置いて賭けます。3つあるサイコロのうち2つが「3と6」になれば配当となります。このようにあまり難しく考えずにゲーム展開が可能な上、賭け方によっては最大配当が150倍になる場合もあるとあって、まさにギャンブラーのゲームといえます。

ライブホールデム(Holdem)攻略法

海外でも人気の「熱くなるポーカー」として知られている“ホールデム(Holdem)”。このホールデムで一番大切なことは、フラッシュやストレートが完成する可能性のある時には「コール」することだといえます。例えば、手札の中でペアが来ている時は必ずコールした方が良いといえます。何故なら、最初に配られたカードでプレイヤー、ディーラーともにペアができる確率が低いためです。このホールデムでは手札がノーペアである確率は50.11%となっているからです。

カジノホールデムポーカーでは、テーブル上にまず3枚のカードがオープンしており、プレイヤーがコールかフォールドが判断した後、残りの2枚がオープンされます。ですので、手札にAまたはKがあれば、AのペアやKのペアができる可能性が出てきます。ディーラー側にAまたはKのカードがある確率は、かなり低いため勝負するべきだといえるのです。これは、最初のカード2枚のカードでノーペアでかつAまたはKが含まれている確率は6.31%であることから言えるのです。